こんなに抑えられる初期費用と札幌での賃貸マンションのすすめ

2017年5月28日

高額な初期費用も抑えることができる

進学や就職など引っ越しをすることありますよね。特に初めての引っ越しは何から始めて良いのかわからない方も多いでしょう。賃貸マンションを借りる際に気になるポイントとして初期費用ではないでしょうか。初期費用は、敷金・礼金・仲介手数料・火災保険料・前家賃などで家賃6~7か月分とも言われています。しかし、できるだけ抑えられるものは抑えたいものです。あまり知られてないのが、仲介手数料です。大手不動産のほとんどは、家賃半月分を取りますのでそれだけでも数万円は抑えられるんですよ。さらに、前家賃もかからない物件もあるんです。フリーレントと呼ばれ、入居後1~3か月分無料になることもあるので探してみるのもありですね。初期費用を抑えることで、新しい家具や家電をそろえることもできるので、楽しい新生活を迎えることもできますので積極的に初期費用を抑えましょう。

札幌での賃貸マンションの選び方

札幌で賃貸マンションを借りようと考えている方は特に、木造ではなく鉄筋コンクリートを選ぶことをお勧めします。雪国である札幌では、どのようにして寒い冬を快適に過ごすかがポイントです。鉄筋コンクリートは、断熱が優れていており、暖房の熱を外に逃しにくいので暖かいし節電にもなりお得なんですよ。また自転車をお持ちの方は、屋根つきの駐輪場がある物件を選ぶとよいです。自転車は外においていると雪で潰れてしまうこともあるので要注意。札幌でのワンルームの相場はおよそ4万円程度で、他の都市と比べると格安なのが魅力ですね。賃貸マンションを探す際には様々な条件があると思いますが、快適に過ごせる場所を見つけられるといいですね。

札幌の賃貸マンションはその収益性の高さで日本でトップクラスの利回りを得ることが出来ますが、雪国特有のメンテナンス費用が掛かることや、広い札幌の中の都心部でないと希少性が生かせないことを考慮すべきです。