仲介手数料無料なら初期費用を抑えられて便利!?仕組みを理解して利用しよう

2017年5月27日

仲介手数料無料となるからくりを知る

不動産屋を通して部屋を借りる時には、仲介手数料として家賃の最大半月分を支払うことになっています。借主と貸主双方から不動産屋は受け取れるので、合計で1ヶ月分となるわけです。優良な不動産屋ならば、特約により貸主が支払う分を借主が負担することに同意する項目を説明してくれます。貸主は空室を埋めるために広告料という名目で不動産屋に成功報酬を支払っています。広告料が家賃の3ヶ月分など多い場合には、不動産屋が自らの利益を削ってでも仲介手数料無料として宣伝を行なうことがあるわけです。仲介手数料無料となる部屋を借りる際には、なぜ仲介手数料が無料となっているのか確認して納得した上で契約することが望ましいでしょう。

オーナー直接契約なら仲介手数料は不要になる

不動産屋を仲介する場合には、仲介手数料が家賃の半月分掛かることは法律に定められています。しかし、貸主と借主が直接契約する場合には、仲介者がいないので仲介手数料が発生することはありません。オーナーが入居者を直接募集するケースと、不動産屋がオーナーから一括借上げを行った部屋をサブリースとして入居希望者へ又貸しする場合には、仲介者が存在しないことになります。

サブリース契約は又貸し契約ですから、ハイリスクな契約として借地借家法に詳しい人なら避けるでしょう。オーナーが直接入居者を募集出来るシステムが登場しており、同じ部屋であっても不動産屋を通さずに入居者を募集することは可能です。オーナーとしても自分で入居者を探せれば、余計な広告料を支払う必要が無いので負担が少なくなります。

江別市の賃貸では、駐車場付きの物件が大変多いため、自家用車を所有している人でも保管場所の心配をせずに済みます。