賃貸物件の効率的な探し方ってあるの!?相場を知ってから内見しよう

2017年3月26日

地域相場は実際に不動産屋で探してみないと分からない

賃貸物件を探す時に、駅に近いほど家賃が上がることは都市部では一般的ですが、地方都市では幹線道路に近い方が人気という場合もあります。地域ごとに家賃相場が独自に形成されているので、住みたい地域の不動産屋で確認してみないと分かりません。実際に不動産屋を訪れた時に、どの地域が人気エリアなのか聞いてみると、予想とは異なる意外な回答を得られることも少なくありません。複数の不動産屋で同じ話をして、確認してみないと本当にそのエリアの人気地域が正しいのか確かめられないでしょう。なぜなら、自社で得意とする地域が決まっている不動産屋で訪ねると、賃貸物件が多くある地域を良く言うことがあるからです。

入居者寄りの不動産屋を見つけて部屋を探すことがコツ

不動産屋で賃貸物件を仲介してもらう時には、不動産屋の立ち位置を確認しておくことが必要です。大家寄りの不動産屋に当ってしまうと、不人気物件をさも人気があるかのように案内されてしまいます。一方、入居者寄りの不動産屋を探すのは、手間が掛かるので面倒と感じてしまう人が少なくありません。しかし、希望予算額を提示した時に、出せる家賃の上限を伝えたにも関わらず、上限金額を超えた部屋を案内してくる不動産屋は残念ながら大家寄りと考えて良いでしょう。入居者の立場に立った不動産屋の特徴として、出された条件に対して良い部屋が無ければ、ズバリ今日の時点ではピッタリの部屋は無いと教えてくれます。近い条件の部屋を案内するか、ピッタリの条件の部屋が空いたら連絡する提案をしてくれるでしょう。

札幌の賃貸は利便性の高い駅近くの方が通勤に便利なので、家賃は郊外と比較すると高くなるもののおすすめです。